一枚板のダイニングテーブルの魅力

一枚板のダイニングテーブルには、たくさんの魅力がつまっています。やはりまずなんといっても天然の木をそのまま使っているからこその、木目の美しさを味わえることが最大の魅力です。毎日目にして触れる家具が美しいということは、心をなごませ、生活をうるおしてくれるものです。また、その存在感が、部屋全体の雰囲気も居心地のいいものにしてくれます。そして、存在感がありながら、主張しすぎず、インテリアや他の家具とも調和しやすいのです。さらに、たいへん寿命が長いのも一枚板のダイニングテーブルの特徴です。大切に使えば、世代を超えて受け継いでいくことができるのです。使い込むほどに風合いを増す一枚板のテーブルは、きっと家族の大切な思い出をつなぐ宝物になることでしょう。

天然の木ならではの風格をお部屋に

一枚板のテーブルを作るには、それだけの幅のある材木が必要です。当然、そのような材木をとれる木は長い年月をかけて育った巨木です。一枚板のダイニングテーブルには、時間をかけて育まれた木の風格が備わります。それは他のどんな材質のテーブルにも見られない深みのある風格、なんとも言えない雰囲気のある独特の存在感です。木が長い時間をかけて刻んできた年輪の美しさが、ダイニングテーブルの広い天板に存分に生かされます。世界中のどの木も、一本として同じものはありませんから、その木目の美も、世界の他には一つとしてない唯一無二の美しさということになります。自然が長い時間をかけて作り上げた美を部屋の真ん中に据える、これ以上の贅沢はないと言っても過言ではないかもしれません。

どんな部屋にもしっくり調和する存在感

そんな存在感のある一枚板のダイニングテーブルは、部屋とのコーディネートが難しそうな印象を持たれてしまうかもしれません。でも不思議なことに、それだけの存在感を持ちながら、どのようなタイプの部屋にもしっくりなじんでしまうのが一枚板のテーブルの魅力です。やはり自然のままのものが生かされているということが大きいのでしょう。クラシックな感じの部屋、ナチュラルな感じの部屋はもちろん、モダンな部屋にもすっと溶け込みほどよいアクセントとなる雰囲気を放ちます。もちろん、一枚板に使われる木の種類もいろいろあり、それぞれに色や風合いが違うので、きっと好みの雰囲気のものが見つかります。さらに、天然の材木は、年月が経つごとに風合いを増してゆくという魅力を持っています。丈夫で長持ちしますから、愛着を持ってずっと使いつづけることができます。